安全な食品製造はよい食材選びから

バナー

安全な食品製造はよい食材選びから

私が食品製造の仕事に携わって20年が過ぎましたが、その間、何年かに一回は食品に関する社会的な事件が発生してきました。

昆虫などの異物混入の問題、輸入食材からの農薬混入の問題、使用不可物質の混入問題、さらには食中毒の問題など、身近なものであるからこそ、一度問題となると大きく報道されてきました。

そういった事件を繰り返すうちに食品業界では、自分が製造に関わってきている部分だけ見ていたのでは管理しきれないことに気づき始めました。

食品製造というのは原料を使用して加工することが仕事です。



その原料に使用している食材に問題があれば、いくら丁寧な仕事をしたところで、そのまま消費者へと渡ってしまうのです。

もちろん、工程中に磁石、フィルター、金属検出器、X線異物検出器などの機器を導入して悪いものは除去できるような努力は惜しんでいませんが、入っているものを除去するということには限界があるのです。

バーベキュー - Wikipediaといえば人気沸騰中のこちらがオススメです。

ですから、いかに安全な食材を最初に選ぶか、ということはリスクを下げていく上では非常に重要なのです。ですから、農産物であればその産地まで出向き、より安全に栽培されているかを確認し、時には農薬庫に入って履歴とその残量が正確であるかを見ることもあります。

このような緊張関係を持って取り引きを行い、厳しく取り組むことが危機管理の重要性を取引先に伝えることにもなるのです。

このようにして、はじめて安全な食材を消費者に届けることが可能になってくるのです。

バーベキューレンタルに関する情報をご紹介いたします。