業界最大手のコラーゲンです

バナー

業界最大手のコラーゲンです

健康食品について語るならこのサツマイモを外すことはできません。

サツマイモはヒルガオ科サツマイモ属の植物で日本には琉球を経て九州の薩摩藩経由で入ってきたため和名はサツマイモ(薩摩芋)、またはカンショ(甘藷)と呼ばれます。

英語名はスイートポテトです。

サツマイモは紀元前の昔より人類によって栽培され、わが国においては、江戸時代の享保の飢饉のとき、九州の薩摩藩ではサツマイモを栽培していたので餓死者を減らすことができたことで評判になり、前述したように、薩摩芋という名前で呼ばれるようになりました。



保存食品として戦後の食糧難の際は貴重な主食となりました。

サツマイモは便秘改善の効果がある食物繊維に富み、高血圧予防に欠かせないカリウムは芋類の中でも特に多く、美肌効果を引き出すビタミンCも豊富に含まれている優秀な健康食品です。

しかも他の食品と違い、サツマイモに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴で、焼いても、煮ても70パーセントほどが残ります。サツマイモ料理でいちばん親しみ深いのは石焼芋で冬の風物詩を飾る定番食品です。

いちばんおいしい食べ方は冬の時期に、落ち葉をかき集めてきて、焚き火のなかにサツマイモを入れて時間をかけてゆっくりと焼くことです。

サツマイモはゆっくりと熱を加えてやることで甘みがさらに増すのです。

そのサツマイモを半分にして家族や友人たちと分け合えば心が和みます。


保存食品であるサツマイモは1年中食べられますが、やはり秋から冬にかけて食べる焼き芋の味は格別です。


次はサツマイモの天ぷらです。

これは焼き芋とはまた違い、油で揚げるのでさらにコクが増し、香りもよく最高のご飯のおかずになります。

日本バーベキュー協会に関するトレンドをお伝えいたします。

油で揚げるなら大学芋も外せません。

乱切りにしたサツマイモを油で揚げて、取り出したら冷めないうちに甘辛い醤油あんをかけ、黒ごまをまぶして出来上がりです。


このようにサツマイモは我々日本人の生活に深く根付き、時には主食になり、お菓子の材料になり、おかずにもなる、日本の食卓に欠かすことのできない食品なのです。